Amazonキャンペーン情報

プライム会員 初回30日間無料体験!!
Amazonでお得なプライム生活を始めよう!!
Audible 30日間無料体験!!
新しい読書を無料で体験しよう!!あなたの読書の時間が変わりますよ^^

どうも、ともいちです。

 

とりあえず、

書けるときに一気に書いてます。

 

タイピングも慣れてきました^^

 

さて、引き続き検査当日の日。

 

嫁に支えられ、

車の後部座席で横になり、

MRI検査をするため病院へ・・・。

 

とにかく、

歩けないもどかしさ。

 

座席に座ることもできない。

 

MRIの検査を担当する看護師さんに

支えられ機械に横たわり、

固定されました。

 

MRIってホント、ガシャンガシャン

うるさいですね~。

 

しかもその振動が響いて痛い。

 

この日は検査だけで終了。

 

後日、結果の診断予約を取り、

帰宅しました。

 

検査が金曜だったので、

翌週の頭に予約。

 

診断当日の朝、

痛み止めがきれて

めちゃくちゃ痛かった。

 

検査結果で

腰椎椎間板ヘルニアと断定。

 

先生が言うには

「軽いヘルニアだね。

左足の神経が圧迫されてる。

 

酷いときは両方の神経が圧迫されて、

排泄もできなくなるから。

 

その場合だと

手術(ブロック注射)とか必要になる。

 

今回は保存療法で

安静にしておきましょう。」

 

自己診断通りの結果だな。

 

とりあえず、

職場復帰のめどを訪ねると

 

「半年ぐらいかな?

早ければ3カ月程度だけど、

回復を見ないと何とも言えない。」

 

あとは仕事の内容にもよると言われ、

現状の痛みの具合を問診。

 

現状の痛み止めだと

あまり効かないこと、

睡眠はとれていないこと、

湿布で痛みが多少は

和らぐことを伝えた。

 

痛み止めは一回の服用量を増やし、

湿布も出してもらった。

 

そもそも、痛み止めの量は、

最低量で出してもらっていたのを

その時思いだした。

 

初めの時は仕事をすること前提で

考えていたから、

副作用で眠気がでると

支障をきたすと思って

最低限の量で出してもらっていた。

 

初めから適正量でもらっていれば

もう少し楽だったのかもな~。

 

と、今にして思う^^;

 

保存療法といっても、

安静にして寝ているだけ。

 

体内の免疫細胞が

神経を圧迫している髄液を

食べてなくしてくれるのを待つ。

 

まだまだ、寝たきりの生活が続く、

夏なのに外にも出れず、

花火や祭りにも行けないのは

本当に悔しい(´;ω;`)

 

でも、痛み止めを増やしたおかげで、

何とか立って動けるように(?)

なった。

 

壁伝いにだけど・・・。

 

そこで杖を購入した。

 

 

おかげで立ち上がる時にも

移動するときにも這いつくばって

移動しなくてよくなった。

 

激痛はあるけど

移動できないよりはマシにはなった。

 

一人で立ち上がり動けることの

幸せを感じたのは初めてだった。

 

実はこの時、

激痛と睡眠不足により、

少し鬱になっていた。

 

これはしばらく続くことになる。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました^^

コメントを残す